課題別に探す

店舗と本部の情報共有がうまくいかない

店舗を統括する本部では、店舗で日々発生している問題や、売り場の悩み、お客様の様子、販売ノウハウなどの情報を、スピーディに把握したいと願っています。

しかし、本部と店舗の間には「物理的な壁」があり、各店舗で持っている情報やノウハウを共有しづらいのが現状です。

  • 店舗が何を考えているかわからないので、リアルタイムで顧客の声が拾えない
  • 店舗間の情報が共有できず、ノウハウが共有されていない
  • ITリテラシーが低い人が多く、定着や利用開始するまで時間がかかる
  • 店舗にPCが少なく、そもそも情報共有しづらい

店舗との物理的な壁を打破するには、インターネットを使う方法が最短ですが、これまでは店舗にPCが少なく、なかなか思うように環境を整えることができませんでした。

しかし昨今のスマートデバイスの普及により、店舗にタブレットも導入されるようになりました。このスマートデバイスと、クラウド、そして人と人を結びつけるソーシャルの技術で、新しい店舗間コミュニケーションが可能になります。

ソリューション

店舗・本部間コミュニケーション活性化サービス
クラウドとスマートデバイスの活用で店舗・本部間の情報共有を活性化します。
社内コミュニケーション活性化サービス
社内SNSを活用した「社内を明るく元気にする」コミュニケーション活性化支援を行います。
SKYARC Solanowa
クラウド型コミュニケーションツール「SKYARC Solanowa」で気軽な情報共有を実現。

お見積もりのご依頼・お問い合わせ

CMS導入・企業コミュニケーションでお悩みですか?お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-5475-5101

受付時間 10:00〜18:00(土・日・祝日除く)

メールでのお問い合わせ
お見積もり依頼・お問い合わせ
ページのトップに戻る
このページを評価する