課題別に探す

社内の自発的なコミュニケーションが不足しているように感じる

ここ数年、低迷する景気影響で、職場全体の雰囲気が落ち込んでいるという声を耳にします。人員削減の影響で強いられる長時間労働、縮小する市場に対して増え続ける目標数値...。社員一人一人が強いストレスにさらされています。しかし、そんな時代だからこそ、社員の一体感や、部署間の連携が叫ばれ、社内のコミュニケーションの重要性が再認識されています。

  • 社内の自発的なコミュニケーションが不足している
  • 職場の雰囲気が悪化している
  • 社員同士の接点が減っている。横のつながりが希薄
  • 他部署のことに無関心な人が多い

こうした課題に対して、社内運動会・社員旅行などの社内イベントを増やす試みも積極的に行われていますが、他方で、イベントだけではなく、日常的に社員間の接点を増やして情報を共有したり、他部署と情報交換したりすることで、コミュニケーションの活性化が図れないか、そんな声が多く上がっています。

コミュニケーションの活性化では、日常的に互いに接触できる回数をいかに増やすかが一つの大きなポイントです。その点、毎日アクセスするウェブ(イントラネット)は大きな役割を果たすことができ、多くの企業で効果が表れています。

ソリューション

社内コミュニケーション活性化サービス
社内SNSを活用した「社内を明るく元気にする」コミュニケーション活性化支援を行います。
社内ポータル構築サービス
読みやすく探しやすい。デザインが良い社内ポータルで社内への情報発信を強化します。

お見積もりのご依頼・お問い合わせ

CMS導入・企業コミュニケーションでお悩みですか?お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-5475-5101

受付時間 10:00〜18:00(土・日・祝日除く)

メールでのお問い合わせ
お見積もり依頼・お問い合わせ
ページのトップに戻る
このページを評価する